鍼灸保険診療について

鍼灸の施術について一定の要件を満たす場合に療養費として健康保険の対象となります。
健康保険の対象となるのは次の1)、2)の両方の要件を満たしていることです。

1)対象となる傷病であること
対象となる傷病:神経痛、リウマチ、五十肩、腰痛症、頚腕症候群、頸椎捻挫後遺症
2)医師が鍼灸の施術について同意をしていること
 
保険診療は医師の同意書(生活保護の方の場合は福祉事務所を通して出される意見書)を得られてからの施術となりますので、初診時の施術、医師の同意を得られないままの施術は実費診療となりますのでご理解ください。


療養費による保険診療の施術時間・料金について

施術時間は約30分です。主に対象となる傷病の局所の集中治療になります。
(施術時間自体は少し短くなりますが、定期的に継続して施術を行うことで症状の改善や状態の維持を望むことができます

料金は施術料と訪問料を合算した金額になります。
保険の負担割合が1割の方の場合、300円~500円程度の自己負担で施術が受けられます。
障害者手帳をお持ちの方(認定を受けられている方)、医療扶助の方(母子医療の方)の施術には施術料、
訪問料などの自己負担がありません。